<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 温泉湯治で内蔵機能を改善 | main | 温泉湯治で大地のミネラルを吸収 >>

スポンサーサイト

アトピーと湯治

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

温泉湯治の温熱効果

アトピーと湯治

温泉湯治の三大効果として、体をあたためる温熱効果があげられます。

温泉にゆったりとつかることによって、体を芯から温めることができます。また、副交感神経を刺激し、血管を拡張させ、筋肉をリラックスした状態にします。

アトピー性皮膚炎の場合、自律神経失調症をともなっていることが多いそうで、この自律神経失調は交感神経と副交感神経のアンバランスから引き起こされます。

温泉湯治による温熱効果とリラックス効果によって、日頃のストレスや緊張などで働きすぎになっている交感神経の働きをおさえ、副交感神経の働きを刺激します。

体はリラックスし、血行がよくなり、体の隅々まで血液が運ばれ、細胞の新陳代謝が活発になります。同時に血圧は下がります。もちろん老廃物の排出も促されますから、疲労を回復させたり、痛みやしびれなどの症状をとる効果もあるわけです。

効能書きに良く書かれている効能をいくつかあげてみましょう。

リウマチ・神経痛(関節や筋肉の痛み、こわばりがとれる)。自律神経失調症(交感神経と副交感神経のバランスを整え、自室神経の失調を正す)。アレルギー性疾患(抗原抗体反応を正常化させる)。胃潰瘍(リラックスさせ、ストレスを和らげる)。高血圧(血行が良くなり、血圧が下がります)。
atopy-touji * アトピーと湯治 * 17:51 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

スポンサーサイト

アトピーと湯治

スポンサードリンク * - * 17:51 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

多汗と交感神経

多汗症で、汗をかきやすくなる要因には、交感神経の働きが高まることで汗腺の作用が活性化・・・
From ナイスちょっと @ 2008/07/16 7:01 AM
このページの先頭へ